オススメのFX手法、公開中!

投資は甘い世界ではないと思いますが方法しだいで安定して稼ぐことができるようになります。
その中でも、安定して稼げ、リスクが少ない手法をLineにてお伝えてしています。

こちらから

環境認識のデメリットはあるの?

環境認識をすることのデメリットは正直ないと言えますが、人によってはデメリットと感じる可能性があるのが「トレード回数の減少」です。買いか売りかのどちらかを、エントリー前に選択肢から外してしまうのですから、トレード回数が減るのは当然とも言えます。ですが、エントリー回数が減るというのはデメリットに当たるのでしょうか?「トレードがしたい」という人にとって、トレード回数の減少はデメリットでしょうが、「FXで勝ちたい」「FXで稼ぎたい」と思っている人にとっては、多くの場合、メリットとなることの方が多いのです。

トレード回数が多ければ、当然一回のトレードにかかるスプレッドなどの手数料が増えていきます。これは間違いなくデメリットです。手数料だけでなく、自分の資金をかけてトレードをしている以上、ストレスも感じやすくなるでしょう。勝つ為の要素として、「メンタル」や「マインド」があります。多すぎるトレード回数は、勝っても負けてもこの二つの要素を削ってしまう可能性が高いのです。また、「エントリーをする」という意思決定をすることは、脳にとって負担となり得ることです。脳への負担が増えれば、当然、正常な意思決定が阻害される可能性もあります。

無駄トレードが多い人でも、その日や週の最初から闇雲にエントリーする人は少ないでしょう。短期間に繰り返しトレードをすることで、正常な判断ができずに、後から見直すと顔を隠したくなるような無様なトレードをしてしまうのです。総じて、勝ち組のトレーダーというのは、トレード回数が少ない傾向にあります。もちろん、トレードスタイルがスキャルピングなのかデイトレードなのか、スイングトレードなのかで保有期間が変わる為、簡単には比較できませんが、それでも勝っているトレーダーはトレード回数が少ないのです。そしてそれは、「正しい環境認識をすることで、買いか売りかを予め決めているから」に他ならないのです。後ほど、環境認識の具体的な方法についてもお話ししますので、是非この機会に正しい環境認識を身に付けてみてください。

おすすめの記事